商談会

信金中金が『しんきん事業承継コンソーシアム』を発表しました。今のところ、人材サービスのパーソルやミロク情報サービスなどが参加を表明しているそうです。

信用金庫の取引先といえば、地域密着で商品やサービスを提供するお店が多く、地域金融にとってなくてはならない企業だと思います。

しかし、コロナ禍により、信用金庫取引先における事業継続は困難を増すことが容易に想像でき、、これからの維持、発展のためにも事業承継に対する支援は更に大切になってきます。

コロナ禍における信用金庫取引先の事業承継を促進するため、信金中金が中心となり、多数の専門能力を持つ外部組織からのサポートをスムーズにで提供できる体制を構築するそうです。

それが、今回の『しんきん事業承継コンソーシアム』構想だそうです。

全国各地の信用金庫から相談を受けた事業承継等に問題を抱える中小、零細企業の課題の解決のためのサポートを信金中金が行い、『しんきん事業承継コンソーシアム』の中から選ばれたパーソルやミロク情報サービスなどの外部組織がそれに対応するそうです。

私は、地域金融を支える信用金庫業界が作ったこの『しんきん事業承継コンソーシアム』の仕組みは非常に素晴らしいと思います。

この制度を利用して、後継者不足に悩む企業が少しでも減るといいなと思います。