融資先の減少

人口が減少するため、後継者のいない中小零細企業が廃業してしまい、地域金融機関の顧客である企業数が減少すると予測されていましたが、コロナ禍でそのペースが早まってしまいました。

貯蓄の減少

人口減少で消費が伸びないため、大企業であっても業績がこれまでのように伸びず、社員の給与も伸びないため貯蓄が減少します。

預金の減少

利益や給与が伸びないため貯蓄が減少します。その為、地域金融機関に預けられる預金も減少します。地域金融機関にとって預金は融資の原資になる為、大変な問題になります。

利益の減少

融資先が減り、原資の預金も伸びず、融資先の業績も悪化する為、地域金融機関にとって非常に厳しい時代がやってきます。