以下に、地域の中小・零細企業、個人事業主が良い金融機関を見分けるための3つのポイントを上げます。

1.運転資金(短期資金)に手形融資か専用当座貸越を提案してくれる

2.信用保証協会任せの融資でなく自社のことを知って(事業性評価)成長につながる融資をしている

3.経営者や家族に過度な補償を求めていないか(経営者ガイドライン活用の有無)

その他様々ありますが、この三つは常にチェックして取引金融機関を選びましょう。

「ノルマがあるので法人カードをお願いします」や、使用しないと分かっているのに「でんさいネットの導入をお願いします」などと言ってくる金融機関とは今すぐ縁を切るべきである。