協同組織金融機関

とにかく「SWOT分析」だけは顧客と一緒にやってほしいです。

SWOT分析とはその企業の内部環境と外部環境という視点から、その企業のプラスポイント、マイナスポイントを上げ、現在のその企業の立ち位置と、将来取るべき戦略を見定めるための方法です。
「強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の頭文字から命名されたフレームワークです。

なぜ私が、SWOT分析をお勧めするかというと、

「一番簡単で効果も高い」

からです。

まず、

・|+|-
——–
内|s|w
——–
外|o|t

という表を書き、S,W,O,Tを埋めていきます。

ちなみに、内部環境か外部環境かの区別は「自社がコントロール可能なもの」を内部環境「コントロール不可能なもの」を外部環境」と区別します。

たったこれだけの作業で、現在の自社の立ち位置を俯瞰的に見ることができます。

そこから『できるだけ「W」を減らしながら「S」を活かし、「T」を避けながら「O」をものにしていく』

たったこれだけの作業で、自社の戦略のプロトタイプを作成することができます。